働くなら知っておきたい!高崎でキャバ嬢をやるデメリット

東京の高級店ほどは稼げない

高崎のキャバクラ全体に言えることですが、東京にあるキャバクラほど稼げない点に注意が必要です。
特に高級キャバクラを見比べた場合、東京のほうが時給はもちろん、バックに関しても勝ります。
同じ勤務時間働いたとしても、稼ぎが数万円変わることも珍しく無く、バックを含めた場合はもっと差が開きます。

キャバ嬢の給料は時給とバックの2つに分けられます。バックは指名料や売上・ボトルバックなど多種多様ですが、特に東京の高級キャバクラは売上・ボトルバックが大きく、これだけで数十万円稼ぐキャバ嬢もたくさんいます。
しかし、高崎のキャバクラは東京よりもお客さんと売上が少なく、バックも期待できないため注意が必要です。

お店ごとの給料体系を確認しよう

高崎のキャバクラは東京ほど稼げませんが、時給やバックなどの給料体系はお店ごとに違います。
もし可能なら事前にチェックしておきましょう。中でも重視したいのは時給で、これに関してはお店ごとに比較してみることをおすすめします。

また、店舗によっては手当が支給されます。額は少なめですが、稼ぎに影響するのでチェックしておきましょう。
特に朝キャバ・昼キャバで働きたい人は手当を重視するべきです。
朝・昼は時給が安く、バックもさほど期待できません。少しでも稼ぐために手当を重視しましょう。

キャストの意識が低いお店もある

高崎のキャバクラは軒並み質が高いですが、それはお店で働くキャストの意識が高いためです。
しかし、全てのお店はそうとも限らず、中にはキャストの意識が低いキャバクラもあるので注意が必要です。
キャストの意識の低さはお店の質そのものに影響し、引いては訪れるお客さんの質にも現れます。

キャストの意識が低いと、仕事に対するモチベーションにも関わってくるでしょう。
自身のモチベーションが維持できず、稼ぐ意欲が削がれてしまう恐れもあります。
キャバ嬢になったけど全然稼げない、という事態になりかねません。
働き始める前に体験入店し、お店やキャストの質を見極めることをおすすめします。

売上が少なく潰れる可能性も…

もしキャストの意識が低く、質が悪いお店はどうなるでしょうか?
当然そんなお店にお客さんは行きたがりませんので、まず競合店と比べて売上が少なくなります。
当然売上が少ないとキャバ嬢の稼ぎも少なくなるでしょう。そしてお店の赤字が続き、最終的に潰れてしまう末路が見えています。

このように、キャストの意識が低いお店は悪循環に陥ります。働いても何も良いことはありませんので、必ず別のお店を選びましょう。