東京よりも良いの?埼玉のキャバ嬢が東京より高崎を選ぶメリット

のびのびと働きやすい

高崎のキャバクラは、東京と比較してゆったりした空気が流れています。
埼玉のキャバ嬢が高崎を選んでいる理由の一つでもありますが、のびのび働けることがメリットです。
自分のペースで働きたい人にとっては大きな魅力になるでしょう。

東京のキャバクラの場合、毎日し烈なキャバ嬢同士の争い・競争が繰り広げられています。
お店での人気を勝ち取るためのもので、皆売れっ子や指名率No1を目指そうとしています。
しかし、こうした競争などの影響で空気がギスギスしていたり、ピリピリしたムードになっているお店もあります。

高崎のキャバクラも競争こそありますが、東京のお店ほどひどくはありません。
空気が険悪になることも少なく、のんびり働けるのがメリットです。
特に競争が嫌な人は高崎のキャバクラが向いています。

ノルマ・ペナルティが無いのがほとんど

キャバ嬢が大変と言われている理由の一つに、お店のノルマがあります。
もしノルマを達成できないとペナルティを受け、給料が差し引かれることも珍しくありません。
特に東京の店舗ではよくある話で、キャバ嬢はノルマ達成のため、あらゆる手段でお客さんに営業します。

一方で、高崎のキャバクラではノルマやペナルティがほとんどありません。
いずれも設けていないお店が大半で、もしキャバ嬢が売上ノルマを達成できなかったとしても、ペナルティを受けずに済みます。
ノルマが嫌、というキャバ嬢も多いですが、高崎のお店なら安心して働くことができます。

ただし、ノルマ・ペナルティはお店ごとに違うので注意が必要です。
厳しいノルマを課してくるお店も無いとは言えません。
不安がある場合は入店前に聞いておくか、体験入店して先輩キャバ嬢に聞いてみると良いでしょう。もしノルマなどがあるなら別のお店を選ぶのも手です。

東京のキャバ嬢は怖い

高崎のお店で働くキャバ嬢は基本的に穏やかです。
理不尽なことを言ったり、急に怒ったりすることも無く、のんびりとした人は多くなっています。
しかし、東京のキャバ嬢は理不尽なことを言う場合などもあります。
ほとんどの人は怖いイメージを持っていますが、これもあながち間違いではありません。

ですが、東京で働くキャバ嬢全てがそうとは限らず、怖いのはあくまで一部のキャバ嬢のみです。
人それぞれの感じ方もありますので、東京のキャバ嬢は全員怖い、とは言えない点に注意が必要です。

ただ、高崎のキャバ嬢は基本穏やかなため、安心して働きたい人は東京より高崎が向いています。
もし気になるお店を見つけたら、一度体験入店してみてはいかがでしょうか。